プロジェクト活動状況

英彦山プロジェクト


目的


・英彦山の自然と歴史史跡を保存しながら、観光資源を活用して観光産業を振興し「むらおこし」につなげる活動を支援する。

これまでの取組


・平成28年5月と9月に英彦山地区住民(十数名)と本プロジェクトチームとの交流会をもち、坊舎・松養坊に宿泊、史跡探訪を行った。
・添田町主催の観光フォーラムあるいは観光セミナー等に参加。
・11月に小水力発電現地視察。場所は朝倉市白木地区。参加者は添田町小河副町長以下13名、ふるさと創成の会10名。白木発電村事務局及び九大島谷教授に講演をしていただく。
・平成29年3月、6月、英彦山門前町同好会例会参加。
・6月、添田町主催のデービッド・アドキンソン氏講演会「歴史・文化を活かしたまちづくり」に8名参加。
・本会の9月例会講演者に英彦山山伏末裔・九大准教授・知足美加子氏をお招きする。タイトルは「修験道文化と地域再生」。

これからの行動計画


・添田町及び英彦山活性化観光拠点づくり協議会(あるいは英彦山門前町同好会)と連携しながら、地元住民の視点を重視して英彦山の観光産業の活性化を支援する。

ふるさと料理プロジェクト

目的


ふるさと(いなか)料理をとおして都市部、農漁村(地方)との絆づくり。
日常のふるさと(いなか)料理を再現して日本の食文化を再認識。

これまでの取り組み


2017/9/6 ふるさと料理プロジェクト準備会立ち上げ 役員会にて承認
2017/9/25 ふるさと創成の会 例会にて 準備会メンバー募集 
2017/11/23 第1回、準備会ミーティング 明治屋クッキングスタジオにて(予定)

これからの行動計画


来年より活動開始予定。
11/23のミーティングにて討議、12月か1月の役員会にて許可を頂いたら始動予定。

星野村・矢部村プロジェクト

星野村・矢部村プロジェクトは、福岡県の農山村と都市の絆づくり事業における「がんぱりよるよ星野村」との提携事業から生まれました。星野村と矢部村を舞台に、地域活性化の成功事例作りを目指します。

食・農・水プロジェクト

当プロジェクトは、地方の人□減少や食料供給体制の変化による生産環境の荒廃・伝統的食文化の消失が静かに進行するなか、先人に学び独白の技術の伝承を行い適正な量の確保に向け各方面への提案を行います。

障がい者・高齢者・子どもプロジェクト

あらゆる人々が人生の最後まで自分らしく安心して暮らせる「地域共生社会」の実現に向け、医療・介護・子育ての分野で地域コミュニティと連携し、地域資源を活かしながら魅力あるまちづくりのお手伝いをいたします。