例会のご案内

第30回ふるさと創成の会 11月例会のご案内

主 催:一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
日 時:11月27日(第4月曜日)18:00~20:10(受付17:30~)
会 場:大博多ビル11階:リファレンス会議室(福岡市博多区博多駅前2-20)
    大博通り添い・地下鉄祇園駅P2番出口 博多区役所入口 交差点角

■例会参加費 : 会員500円・会員外1,000円
■交流会 : 20:20~21:45  ■例会の会場で引き続き交流会を開催します
■交流会参加費 : 2,500円(軽食・お酒・ソフトドリンクを含む)

例会の内容
 開会宣言 
1、活動報告 各プロジェクトの報告

   ①英彦山プロジェクト
   ②星野村・矢部村プロジェクト
   ③農・食・水プロジェクト
   ④高齢者・障がい者・子どもプロジェクト
   ⑤ふるさと料理プロジェクト

2、講 演: 
  講 師:星野村農産加工施設「星の里」組合長:後藤 ふみこ氏
  演 題:‟もったいない”から始めた農産加工品づくりで、地域に貢献
  プロフィール:星野村の地に生まれ、この地に育ち、そして、この地で人生を過ごしながら、
         農産加工品のヒット商品を作っている。星野村で穫れた食材を使った郷土料理
        「ふみちゃんの味そ汁屋さん」を営む。星野村農産加工施設「星の里」組合長


3、グループ討議  
・講演内容についての感想・討議

4、初参加者の紹介 
  
5、12月例会のご案内
  日 時:12月18日(第3月曜日)18:00~20:10 (受付17:30~)
  会 場:大博多ビル11階:福岡市博多区博多駅前2-20
  講 師:明治屋食品(株)クッキングスタジオHAKATA 統括部長 中田 哲也
  演 題: 「ローカルである為の生き甲斐コミュニテイ」
       ~地産地消で皆様のお役に立つ企業をめざす~ 
         
6、その他
■例会終了時間 : 20:10
■交流会 : 開始20:20~21:45
  ※例会の会場で引き続き交流会を開催します。
※交流会参加の当日キャンセルについては、準備の都合上費用ご負担をお願いすることがございます。

参加申し込み方法

①下記申込フォームよりお申し込みください。(各自ご入力ください)
※変更する場合はボタンをクリックしてください。
例会 出席 欠席
交流会 出席 欠席
必須お名前
カタカナ
会社名

 役職
必須電話番号
※000-0000-0000 又は 00000000000
必須メール
備考
必須送信確認
  
出席・欠席が変更になる場合にはその都度入力してください。日付の古い分を削除します。
自動的に事務局より受信メールをお送りします。
②メールをなされない方はご記入頂いたこのページを印刷していただき、FAXをお送りください。(FAX:092-483-3365)

過去の例会について

  • 第29回ふるさと創成の会 10月例会 報告
    主 催:一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    日 時:10月23日(第4月曜日)18:00~20:20(受付17:30~)
    会 場:大博多ビル11階:リファレンス会議室(福岡市博多区博多駅前2-20)
        大博通り添い・地下鉄祇園駅P2番出口 博多区役所入口 交差点角

    ■例会の内容
     開会宣言
    1、活動報告 各プロジェクトの報告
       ①英彦山プロジェクト
       ②星野村・矢部村プロジェクト
       ③農・食・水プロジェクト
       ④高齢者・障がい者・子どもプロジェクト
       ⑤ふるさと料理プロジェクト

    「大地とお日様と田舎ご飯」準備会ミーティング開催
    日時 11月23日(祝) 場所 明治屋クッキングスタジオ

    2、講 演: 
       講 師: LOTO BIANCO(ロト ビアンコ)代表 菊岡 健一氏・菊岡 真由美氏
      
    演 題:「インバウンドとデザインで繋がる笑顔」
    ―――文化体験型交流を通して地域と海外を繋ぐ―――

    LOTO BIANCO(ロト ビアンコ)は、「商品企画からデザイン一般まで、デザインと名のつく物は誠心誠意、心を込めてお仕事させていただく」ことをモットーとした福岡市内のデザイン事務所。菊岡真由美氏個人のイタリアに対する熱い思いが、デザインを通してイタリア文化を紹介する企画となり、会社ぐるみで同国とのインバウンド企画を催行するまでに発展した。
    <イタリアとのインバウンドの歩み>
    2009年:福岡からイタリアへアウトバンドを日本人14人の参加者で企画催行
    2010年:イタリアへ語学とネットワーク作りで半年滞在
    2012年:イタリアへ語学とネットワーク作りで3ヶ月滞在
    2013年:この年より毎年、年1回~2回 イタリアよりのインバウンド企画催行
    2017年:夏まで、イタリア人・日本人合わせ延べ約490人案内
    2016年:ロト・ビアンコとして新たに屋号を変え企画・デザインで地域とイタリアを
         笑顔で繋ぐ 「コミュニテーハウスを造る!」を目的に現在に至る
    菊岡氏は「文化体験型交流」というキーワードを記憶に残して欲しいと呼びかけた。インバウンド企画の催行によって、地元住民には馴染みの文化も外国人の視点から見ると意外な魅力があることを、実感しているからだ。「これは何なのか?」という外部からの視点に応えるためには、知識と、それを説明する言葉が必要だが、相互理解のための交流の場には自然と笑顔が生まれ、新たなコミュニティが育まれる。
    本講演は、当たり前のこと、取るに足らないもの、しかし外からの視点で見ると訪れて体験する価値があるものがたくさんある「ふるさと」は、これからの観光の重要なテーマとなり得ることを、改めて考えるきっかけとなった。

    3、グループ討議  講演内容についての討議
     <意見の一部より>
    日本の人口減少による経済活動の沈下を防ぐためにも、外から訪れる人、すなわちよそ者の視点を大切にし、各地域を人々が行き来しあえるような場づくりをする。

    4、初参加者の紹介及び会員報告 
       報告者 ①NPO法人オールハッピー 代表 鬼木卓也氏
           ②ふるさと管理綜合㈱ 代表 馬田 直明氏

    5、11月例会のご案内
      日 時:11月27日(第4月曜日)18:00~20:30 (受付17:20~)
      会 場:大博多ビル11階:福岡市博多区博多駅前2-20
      講 師:星野村農産加工施設「星の里」組合長:後藤 ふみこ氏
      演 題:‟もったいない”から始めた農産加工品づくりで、地域に貢献

    6、その他
     <綾戸代表理事の結びの言葉>
    帰りたい「ふるさと」、帰ることができる「ふるさと」の創成に、これからも誠心誠意、尽力しましょう。

    ※交流会では、11月例会の講師、後藤ふみこ氏が組合長を務める星野村脳線加工施設「星の里」の商品販売も行われた。

    【10月例会報告写真】
  • 第28回 ふるさと創成の会 9月例会.pdf

    第28回ふるさと創成の会 9月例会 報告
    主 催:一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    日 時:9月25日(第4月曜日)18:00~20:20(受付17:30~)
    会 場:大博多ビル11階:リファレンス会議室 (福岡市博多区博多駅前2-20)
        大博通り添い・地下鉄祇園駅P2番出口 博多区役所入口 交差点角
    ■例会の内容
     開会宣言
    1、活動報告 各プロジェクトの報告
       ①英彦山プロジェクト
       ②星野村・矢部村プロジェクト
       ③農・食・水プロジェクト
       ④高齢者・障がい者・子どもプロジェクト
    2、講 演: 
      講 師:九州大学芸術工学研究院 准教授 知足(知足院) 美加子氏 

    演 題:英彦山修験道について
    知足美加子氏は、国画会彫刻部会員 筑波大大学院芸術研究科(彫塑)修了、博士(芸術学) 
    震災支援「福岡エルフの木」「板倉の家ちいさいおうちプロジェクト」
    「英彦山文化財復元プロジェクト」(英彦山修験者の子孫)である。
    「水と木と修験道の関わり」英彦山修験道がつたえるものをテーマに素晴らしい講演をして頂いた。
    「修験道」は、山林に修行し、霊験を感得し他に及ぼうとする道の意味もある。
    三大修験道山は、奈良県の熊野大峰山、山形県の羽黒山、福岡県の英彦山である。
    修験道の峰入り(十界修行)など厳しい修行が紹介された。その他、古代文化と英彦山について興味あるお話を聞くことができた。修験は「日本文化・芸術の祖」など大変素晴らしい講演をして頂いた。災害流木再生プロジェクトで、大変ご努力されている。
    下記にその素晴らしい取り組みの貴重な映像をご覧ください。
    1、「英彦山修験道の説明映像」(10分)英語字幕付き
        https://www.youtube.com/watch?v=gFRzSBbuR8w
    2、「流木再生プロジェクト」FBS福岡放送「めんたいワイド」で放映
        https://m.youtube.com/watch?v=x8CEC-P9o_E&feature=youtu.be
    3、11月に朝倉市杷木地区の志波と松末で小学生に行うワークショップのHP
        http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/glider.html
    子供たちが地域を好きでいてくれれば、未来はあると思います。
    知足美加子先生誠にありがとうございました。

  • 第27回 ふるさと創成の会 8月例会.pdf

    第27回ふるさと創成の会 8月例会 報告
    主 催: 一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    ■今月より開催日(第4月曜日)及び会場が変わりました。
    日 時: 8月28日(第4月曜日)18:00~20:30(受付17:20~)
    会 場:大博多ビル11階:福岡市博多区博多駅前2-20(大博通り添い・地下鉄祇園駅2番出口)
    例会参加費:会員500円・会員外1,000円
    懇親会:20:20~21:-50 ■懇親会参加費:2,500円(軽食・お酒・ソフトドリンクを含む)
    会 場:例会の会場で引き続き懇親会を開催
    ■例会の内容
    開会宣言
    1、活動報告 各プロジェクトの報告
       ①英彦山プロジェクト   
       ②星野村・矢部村プロジェクト
       ③農・食・水プロジェクト 
       ④高齢者・障がい者・子どもプロジェクト
    2、講 演
    その① 講 師:ゼオライト株式会社 代表取締役社長 嶋村 謙志氏
    演 題:「水を創り人を育てる 」福岡市の水事情と今後の課題について
    福岡県宗像市出身 大学卒業後平成8年ゼオライト(株)入社 専務取締役、副社長を経て、平成28年8月代表取締役社長に就任された。地下水浄化システム導入のメリット、経費削減についてなど、解りやすく説明された。東日本大震災の時も非常用発電機を使って、震災の翌日より30日間以上、地下水で賄うことができたほか、その他多くの実績など、素晴らしい取り組みされてる内容の発表であった。

    その② 講 師:山口 聖一氏 NPO法人「がんばりよるよ星野村」代表
    演 題: 5年前と今回の「九州北部豪雨災害」と私たちが取り組むボランティア活動について
    八女市星野村出身 5年前集中豪雨災害に遭遇「NPOがんばりよるよ星野村」を設立。今回の豪雨災害でも災害ボランティアを組織、現地で活動されている。現地で外皮を剥がれた市場に出せない玉ねぎを、引き取り星野村で乾燥玉ねぎに加工して販売するような手筈も整えられた実績は大きい。今までに何度も報告を戴いてるが、このボランティア精神に対しては、いつも頭の下がる思いである。素晴らしい発表であった。

    3、グループ討議  6班に分かれた夫々のグループで、全員の自己紹介と、講演内容について、活発な討議がされて、1グループの発表がされた。
    4、初参加者の紹介及び会員報告 
    5、懇親会:20:30~21:50  (例会の会場で引き続き和やかに懇親会が開催された)

  • 第26回 ふるさと創成の会 7月例会.pdf

    第26回ふるさと創成の会 7月例会 報告
    主 催: 一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    日 時: 7月18日(火)18:10~20:20(17:30~ 受付)
    会 場:「JR博多シティ」10階大会議室 ・阪急百貨店側(博多口)エレベータ降りて正面
           ※今回のみ特別臨時会場 ・中央エレベータ降りて「くうてん」の左側奥 
    ■参加費:会員500円・会員外1,000円
    ■懇親会  20:40~22:00 ▮会場:竹乃屋 博多駅前店(参加費:3,500円飲み放題付)
    ■例会の内容
    1、開会宣言
    2、活動報告 各プロジェクトの報告
       ①英彦山P ②星野・矢部村P ③障がい者・高齢者・子供P ④農・食・水P 
    3、講 演: 
      講 師:九州大学 炭素資源国際教育研究センター教授 原田達朗氏 
      演 題:日本が抱える流通の課題「農産物と電力」現在の状況を、お話しされます。
      原田達朗氏、1963年生まれ 九州大学工学部卒、同大学大学院合理工学研究員博士課程修了。工学博士。九州電力、電源開発などを経て2014年より現職。炭素資源の高度利用技術、電子取引、CO2国際トレードなどを研究。
    7月例会は会場を変更して、博多駅「JR博多シティ」10階大会議室で開催しました。
    ふるさとの再生、ふるさと自然資源の有効利用をめざして、今回は特に、農業関係、食関係、森林、剪定廃棄物の有効利用を目指している方など、ふるさと創成の会が必要とする実践体験を持った参加者が増えてきました。ようやく会員、地域の協働で、何か実績が出来て来る環境になってきたと実感しています。九州大学教授、原田達朗氏の講演も「農産物と電力」地産地消の推進が地域を豊かにする。ドイツの事例にも触れながら、分かり易く、為になる講演で、多くのヒントを得られた例会となりました。後の懇親会も、原田達朗氏を囲んで、絆づくりが出来て大いに盛り上がり、素晴らしい例会となりました。

  • 第25回 ふるさと創成の会 6月例会.pdf

    第25回ふるさと創成の会 6月例会 報告
    主 催  一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
     日 時  6月19日(月)18:00~20:20(17:30~ 受付)
     会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:会員500円・会員外1,000円
     懇親会  20:30~22:00 ■参加費:3,500円飲み放題付
     会 場  竹乃屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    ■例会の内容
    1、開会宣言
    2、活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況・星野村プロジェクトの進行状況・その他
    3、講 演 
      講 師:(株)ミライロ・(一社)日本ユニバーサルマナー協会講師 田中利樹氏
      演 題:「バリアバリューを目指して」
    障がい者、高齢者、外国人等が共生する多様化社会において、私たちに求められる対応とはハードとソフトの両面から、日本におけるユニバーサルデザインの必要性を、当事者の視点やミライロの事業内容を通して、お話して頂きました。
    講師の田中利樹氏は1990年に福岡県で生まれ育ち、生まれつき視神経に腫瘍があり、右目の視力が全くない。幼少時代から「視覚障害があるからこそ、出来る事は沢山ある」と言う思いを持ち、様々なスポーツやボランティア活動に挑戦をされて。ミライロ加入後は、障害のある当事者として、九州を中心に日本各地でユニバーサルマナーの講義や視覚障害対応の実技研修の講師を務める。年間の講習は100回を超える。
    また、当日参加者全員が2人一組で、「目の不自由な人への説明」「耳の聞こえない人への説明」の困難さを体験した。素晴らしい講演に感謝したい。

  • 第2回定時社員総会のご報告.pdf

    一般社団法人ふるさと創成の会は、設立から二年が経過し、この間、地域再生の志を高く掲げて活動してまいりました。そして、ふるさと地域の皆様との交流、絆を深めるなかで、そこに存在する貴重な資源の豊富さと活用の可能性を実感してきました。
    第2回定時社員総会が下記の通り実施されました。総会終了後に記念講演会(別記)を開催致し、最後に懇親会が実施されました。
    日 時:平成29年5月15日(月)18:00開会(17:30受付開始)
    場 所:福岡市商工会議所2階研修室
    第1部:社員総会 18:00~18:50
    議 案:□第1号議案2016年度活動報告       □第2号議案2016年度決算報告
        □第3号議案定款改定案          □第4号議案役員の選任
        □第5号議案2017年度活動方針案      □第6号議案2017年度予算案
    会則に則り綾戸代表理事が議長を担当し、議案書に沿って進行し、全ての議案が全員一致の承認を頂き、無事に終了いたしました。
    その後、記念講演(別記)と懇親会が実施されました。

  • 第2回 社員総会記念講演会のご報告.pdf

    主催:一般社団法人ふるさと創成の会 ・事務局:福岡県福岡市博多区博多駅南4-2-10
    日時:5月15日(月)19:00~20:00
    会場:福岡商工会議所2階研修室■参加費:無料

    記念講演
      第1部 演題:「福岡県初CLT工法」自然を守り未来を創る
      講師:(株)大匠建設代表取締役 井上真一氏(会員)
       平成2年、株式会社大匠建設を設立。「技を極め継承し共に豊かになる」を理念に掲げ、
    環境経営にも力を入れ、エコアクション21を平成26年に取得、100年以上の耐久性のあるCLT工法で新社屋を建設した。
    「自然を守り未来を創る」をテーマに素晴らしい取り組みをご講演戴いた。「石油を使わない会社」と言うことで、ECOの取り組みも大変参考になった。新しい建築資材「CLT工法」の強度、耐熱性など素晴らしいご講演を戴いた。

    第2部 演題:「まぜこぜむら」の企画と設立について
    講師:大串公認会計士・税理士事務所所長 大串和義氏
       大学卒業後、あずさ監査法人に入社、以後約200社の監査等に携わり、平成19年に独立。中小企業・個人事業主の税務・会計に携わり、顧問先は200社以上あり、現在も増加中。数多くの非営利団体の役員としても活動中である。
    ユニバーサルデザインカフェ「まぜこぜむら」を創設。障がい者を隔離ではなく「まぜこぜ」。健常者、高齢者、障がい者、マイノリティー、子供たちが自然と関わっている。「まぜこぜ」には地域の人達もいつの間にか集まっている。地域の人達は美味しいから集まり、美しいから 落ち着くから集まってくる。
    素晴らしいコンセプトの基に大変頑張ってることが感動的であった。素晴らしいご講演感謝いたします。

    総会・記念講演後の懇親会
     20:30~22:00 ■参加費3,500円(飲み放題付)
     会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
     総会後に楽しい懇親会が行われた。全員が、夫々に自己紹介をして、本日の総会の事、記念講演のこと、また将来に向けて楽しく情報交換ができた。

  • 第23回 ふるさと創成の会 4月例会.pdf

    第23回ふるさと創成の会 4月例会 報告
    日 時  4月17日(月)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    交流会  20:30~22:00 ■参加費今回より3,500円(飲み放題付)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    ■例会の内容
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況  ・その他
    講 演 
     ・講 師: 平田 昌之氏 「朝倉市白木村に小水力発電を進める会」事務局長 
                  NPO法人筑後川流域連携倶楽部 理事
     ・テーマ:「小さな山里の小さなチャレンジ~ ピコ発電での地域づくり~」
      「朝倉市に小水力を進める会について」を2013年4月設立、2012年に、
       朝倉市小水力発電導入の可能性調査を九州大学が実施、1年かけて調査に参加する。
      ・会の目標 ①山里の農業用水路を活用して、白木湧き水と手作り水車小水力発電で
             交流人口を増やす。
            ②環境教育、自然エネルギー体験が出来る拠点づくり、
             白木発電村:発電の仕組みとタイプの違った発電装置を学べる
            ③小水力発電の意義や地域づくりに関心を持つ人財、若者づくり、
             シンポジュームや講演会、小中学校への出前講座を実施する。
      ・白木湧水を活用して素晴らしい地域作りの取り組みが行われている。何度も実験を繰り返し 
       て、地域の皆さんの努力の結果発電に成功された。素晴らしいご講演を戴いた。ありがとうございました。

  • 第22回 ふるさと創成の会 3月例会.pdf

    第22回ふるさと創成の会 3月例会 報告
    日 時  3月21日(火)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒無3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    ■例会の内容
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 ・その他
    講 演 
     ・講 師:長崎スポーツタウンマネジメント(株)代表取締役 桃原 祥文氏
     ・テーマ:「スポーツによる健康なまちつくり」
     ・プロフィール
    長崎県大村市にて、地方創生の先行型モデル2015・16年度「健康スポーツサービス産業創出事業」、加速化モデル2016年度「ソーシャルビジネス創出事業を企画運営し、地域協働による地域課題解決と大学連携によるソーシャルキャリア形成プログラムを展開中である。
     講師の母校である立命館大学産業社会学部と、大村市の大学連携によるまちづくりシンポジウムを開催された。
     また、今年の2月11日には「遊ぼう!萱瀬のげんきっこ!ひろがる つながるフェシバル」を開催し、多くの子供たちが楽しんだ。
    その他、素晴らしい取り組みに本日のご講演に感動した素晴らしい内容であった。

  • 第21回 ふるさと創成の会 2月例会.pdf

    第21回ふるさと創成の会 2月例会 報告
    日 時  2月20日(月)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒無3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    ■例会の内容
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 ・その他
    講 演 
    ・講 師:童心回帰農場「ルンズ・ファームホールデング(株)」代表取締役吉田しのぶ氏 
    ・テーマ: 「希望の光に向かって」~広大な久住高原に夢を耕し続けてゆく農場ができた~
    ・プロフィール
     1957年熊本生まれ、生まれも育ちも熊本の、体育会系「肥後の猛婦」。幼稚園教諭、モデルを
     経て。八重山諸島・アメリカ・北海道・福岡と移住を続け、40歳で熊本にUターン。
     人生のリセットで単身地球一周の船旅に出る。帰国後は東京と熊本で馬肉料理店女将として
     勤務、2013年秋、ファーマー・永澤徹氏との出会いで「これからの日本に必要なのは農業だ!」
     と気づく。「ルンズ・ファームホールディング株式会社」「農業法人 童心回帰農場・TAKETA
     株式会社」の代表取締役となり、飲食業から農業の世界に飛び込み、現在に至る。
     素晴らしい取り組みの報告で、参加者は感動していた。阿蘇のブランコが完成した時には、
     ツアーを組んで行くことになりそうである。

  • 第20回 ふるさと創成の会 1月例会.pdf

    第20回 ふるさと創成の会 1月例会 報告
    日 時  1月16日(月)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒無3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    ■例会の内容
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 ・その他
    講 演 
    ・講 師:安田 章人氏 九州大学基幹教育院・人文社会科学部門准教授
    ・テーマ: 「獣害問題と地域社会」 ~狩猟を通して考える人と野生動物の関係~
     近年、イノシシやシカなどの野生動物が引き起こす獣害問題は、深刻化しているがこれには
     第一に、被害を起こす野生動物の数が増えたこと、第二に、人が獣害問題を問題として深刻
     に受け取るようになったことである。「増えているから獲る。もったいないので食べる」と
     いう対策のみでは解決が難しい、中長期的かつ俯瞰的にも考える必要があると思われる。
     いのしし、鹿の被害が全国的に広まっている。当会の今後の取り組みに大変参考になった。

  • 第19回 ふるさと創成の会 12月例会.pdf

    第19回ふるさと創成の会 12月例会 報告
    日 時  12月19日(月)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒抜き3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075)     
    ■例会の内容
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 ・その他
    講 演 
    ・講 師:一般社団法人 福岡県中小企業診断士協会 会長 槇本健次氏
    ・テーマ: 「地域興しの手法とその事例」
     福岡県を中心に商店街活性化および地域の活性化に取り組むほか、中小企業の経営改善に取り組み、
     これまで指導してきた企業は1千社を超えるとの事だった。
     事例をスライドで見せて戴き、ふるさと創成の会の今後の取り組みに大いに参考になった。
     その後、4グループで講演内容についての討議し、グループ発表も、みんな真剣に討議したことが
     伺える素晴らしい例会であった。その後、会員報告及び初参加者の紹介が行われた。

  • 第18回 ふるさと創成の会 11月例会.pdf

    第18回ふるさと創成の会 11月例会 報告
    日 時  11月21日(月)18:00~20:20(17:30~受付)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒無3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075)
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 (・障がい者に関わるプロジェクト、食と農のプロジェクト、補助金関連のプロジェクト)発足について、説明を行った。
    講 演 
    ・講 師:(有)野菜王国代表取締役社長 崎田 正司氏 ・専務 崎田 光子氏
    ・テーマ:出来ないと思っていた「自然薯専門加工業」
     夫婦で二人三脚、70才で起業のシニアベンチャー、20年近く続けた健康居酒屋を閉め、
     粘りが強く体に良い自然薯(じねんじょ)を使った、冷凍とろろ汁や自然薯ドレッシングの開発と販売に専念。
     胃腸の働きを助け、糖尿病予防などに効き目がある自然薯に注目し、新しいタイプの商品は、百貨店などのお歳暮、
     ギフトで大好評であった。
     夫婦で力を合わせて、次々と新商品の開発も取り組み、デパートに出店するなど、
     素晴らしい成果を積み上げてこられた。
     ビジネスプランコンテストの優勝やその他多くの賞を取られている。
     参加者から度々感動の声が響いた。素晴らしいご講演を戴きました。

  • 第17回 ふるさと創成の会 10月例会.pdf

    第17回ふるさと創成の会 10月例会 報告
    日 時  10月17日(月)18:00~20:20
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付(酒無3,500円)
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075)  
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの活動報告 ・星野村プロジェクトの活動報告
    講 演 
    ・講 師: ワイエルフォレスト(株)代表取締役社長 阿久根 直人様
    ・テーマ:「地球環境を守る戦い」
     インドネシアのスマトラ島などの電気も水道もない村に、10年間に亘り日本と現地を2ヶ月
     毎に移動しながら、数千人の現地民の協力を得て、悪戦苦闘の中、一企業の投資で広大な
     マングローブの森を育て、地球環境に貢献された素晴らしい貴重なお話を聞けて、参加者は
     感動していた。グループ討議も活発な意見が交わされた。素晴らしい例会であった。

  • 第16回 ふるさと創成の会 9月例会.pdf

    第16回ふるさと創成の会 9月例会 報告
    主 催  一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    日 時  9月20日(火)18:00~20:25(第3月曜が祭日の為、曜日変更)
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  20:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付
    会 場  竹の屋 博多駅前店 (TEL092-477-7075) 
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況 ・星野村プロジェクトの進行状況 
    講 演 
    ・講 師:島谷 幸宏氏 九州大学大学院 工学研究院 教授 (50分)
         村川 友美氏 九州大学工学研究院 少水力エネルギーpj研究コア(株)リバービレッジ
    ・テーマ:改革は、辺境から「小水力発電の可能性」
         地方に残された大きな財産は自然資源です。ふるさと地域を元気に
         するために、山林資源、水資源などの活用が求められています。朝倉市白木谷の
         少水力発電所やその他の事例を説明して頂き、大変参考になった。

  • 第15回 ふるさと創成の会 8月例会.pdf

    第15回 ふるさと創成の会 8月例会
    主 催  一般社団法人ふるさと創成の会(事務局:博多区博多駅南4-2-10)
    日 時  8月29日(月)17:00~19:20
    会 場  福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会  19:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付
    会 場  竹の屋博多駅前店 (TEL092-477-7075)  
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況   ・星野村プロジェクトの進行状況 
    講 演 
    ・テーマ :「地元の資源を活用した創業と交流の仕組み作り」 
    ・講 師:野口 英幸氏  大木町役場 地方創生担当係長
    経 歴
       平成 8年4月 大木町役場入庁 経済課(農政関係)
       平成11年4月 町民課(健康保険、戸籍電算化、住基ネット、年金)
       平成16年4月 税務課(住民税、法人税、消費税)
       平成19年7月 環境課(エネルギー施策、環境教育、おおき循環センタープラント運転、分析
               道の駅建設、環境プラザ(分別施設)
       平成27年4月 企画課(地方創生担当係長)
       平成28年6月 企画課 地方創生加速化プロジェクトチームリーダー
               (産業振興課、こども未来課職員と共に任命)
    全国的にも有名な大木町の取り組みを聞くことができた。町あげてのリサイクルや
    「道の駅おおき」を中心に素晴らしい事業展開されてることが、私たちにとって大変参考になった。

  • 第14回 ふるさと創成の会 7月例会.pdf

    第14回 ふるさと創成の会 7月例会 報告
    日 時   7月19日(火)17:00~19:20 
    会 場   福岡商工会議所2階研修室
    懇親会   19:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付
    会 場   郷土料理「わらび」:博多区博多駅東2丁目7-3TEL481-1265
    講演
    ・テーマ:「地球のオアシス~森林生物資源の世界~」
    ・講師 :近藤 隆一郎氏 九州大学名誉教授 
    先生は昭和48年 4月 日本パルプ工業(現 王子製紙)研究所入社(至 昭和50年月)
    昭和50年 6月 九州大学助手(農学部)―同助教授―大学院農学研究院
     平成25年 3月 同上定年退職 (名誉教授就任)
     平成25年 4月 九州大学大学院農学研究院学術研究員(特任教授)として採用
     平成27年 3月 同上退職、九州大学名誉教授として現在に至る
    森林のフィトンチッドの効果は?「リフレッシュ」「消臭・脱臭」「抗菌・防虫」がある。
    男性ホルモンと前立腺の関係、その他「霊芝」の効用など解りやすくご説明を戴いた。
    グループ討論も活発に意見交換ができて、大変素晴らしい例会となった。

  • 第13回 ふるさと創成の会 6月例会.pdf

    第13回 ふるさと創成の会 6月例会
    日 時   6月20日(月)17:00~19:20
    会 場   福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会   19:30~21:30 ■参加費4,000円飲み放題付
    会 場   郷土料理「わらび」:博多区博多駅東2丁目7-3 TEL092-481-1265 
         活動報告 第1回社員総会完了、16年度新体制でのスタート
    会員報告・添田町英彦山の交流会参加の件他
    講演
    ・テーマ:「熊本地震と、そして私たちに出来る事」
    ・講師 :山口 聖一氏 NPO法人「がんばりよるよ星野村」代表理事 
    八女市の高校卒業と共に関東の大学に進学し、2012年7月5日にUターン、2012年11月からは八女市役所星野支所とのタイアップで官民共助の「星野村災害ボランティアセンター」として活動を広め、2014年2月に「NPO法人がんばりよるよ星野村」として法人化する。2013年、NHK福岡地域発ドラマで私たちのボランティア活動をモデルとしたドラマ、「苦くて、甘い、希望の茶」が制作され全国放映された。2014年には、福岡県から防災賞、共助社会づくり奨励賞、八女市から災害復旧貢献で表彰を受けられた。
    その他復興に努力された説明に感動させられた。グループ討論、質問なども積極的な意見が出されて、大変素晴らしい例会であった。

  • 第12回 第1回定時社員総会(5月).pdf

    第1回定時社員総会の報告
      日  時   平成28年5月16日(月)17:00開会(16:30受付開始)
    第一部:社員総会     17:00~17:40
    第2部:記念講演     17:40~18:20
    演題「ふるさと創成と障がい者の関わり」
        講師:明蓬館高等学校 理事長 日野 公三氏
         □来賓及び会員の挨拶18:20~18:40 
    第3部:交流会      19:00~

    場  所   福岡市商工会議所2階研修室
    議  案:  第1号議案  2015年度活動総括
    第2号議案  2015年度決算報告
           第3号議案  役員の解任及び選任
           第4号議案  2016年度活動方針案
    第5号議案  2016年度予算案
    第6号議案  定款改定案
    以上スムーズに審議され議決された。
    ・講 演
     総会の後、明蓬館高等学校 理事長 日野 公三氏による「ふるさと創成と障がい者の関わり」についての
     取り組みなど、貴重なお話をご講演戴いた。
    ・交流会 :わらび(費用4,000円)博多区博多駅2-7-3(481-1265)にて楽しく実施された。

  • 第11回 ふるさと創成の会 4月例会.pdf

    第11回 ふるさと創成の会 例会
    日 時   4月18日(月)17:00~19:20
    会 場   福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無 料
    懇親会   19:30~21:30 ■参加費3,980円飲み放題付
    会 場   あやどり博多駅前店:博多区博多駅前3-30-1タイセイビル9F
    活動報告 ・英彦山プロジェクトの進行状況   ・星野村プロジェクトの進行状況 
    講演
    ・テーマ:~地球にマングローブを!!プロジェクト ~子どもたちに贈る未来の地球~
    ・講師 :ワイエルフォレスト株式会社 代表取締役会長 山本 亮氏
         「森林の整備、保全、維持及び管理事業」
     現在幅1キロ、長さ600キロ(福岡から大阪位の距離)の膨大なマングローブの森を、
     自費でインドネシアに作り上げ、環境保全に繋がる二酸化炭素吸収の国際的な活動に
     貢献されています。
     素晴らしい取り組みに参加者全員感動いたしました。森林の整備はふるさと創成の会でも
     大きなテーマです。グループ討論でも意義ある意見交換ができて、素晴らしい例会といなりました。

  • 第10回 ふるさと創成の会 3月例会.pdf

    第10回 ふるさと創成の会 3月例会
    日 時   3月22日(火)17:00~19:20(予定)
    会 場   福岡商工会議所2階研修室 ■参加費:無料
    懇親会   19:30~21:30 ■参加費3,980円飲み放題付
    会 場   あやどり博多駅前店:博多区博多駅前3-30-1タイセイビル9F
    活動報告 添田町英彦山の振興   
    講演
    テーマ:①職場にいる発達障碍者との出会いと共生
        ②出会いの郷里の立ち上げ
    講師 曻地 勝人氏 発達障碍者支援センター
       社会福祉法人しいのみ学園 理事長 
       ふるさと創成の会名誉会員、日本リハビリテイション心理学会理事

  • 第09回 ふるさと創成の会 2月例会.pdf

  • 第08回 ふるさと創成の会 1月例会.pdf

    第08回例会報告(写真)

  • 第07回 ふるさと創成の会 12月例会.pdf

    第07回例会報告(写真)

  • 第06回 ふるさと創成の会 11月例会.pdf

    第06回例会報告(写真)

  • 第05回 ふるさと創成の会 10月例会.pdf

    第05回例会報告(写真)

  • 第04回 ふるさと創成の会 9月例会.pdf

    第04回例会報告(写真)

  • 第03回 ふるさと創成の会 8月例会.pdf

    第03回例会報告(写真)

  • 第02回 ふるさと創成の会 7月例会.pdf

    第02回例会報告(写真)

  • 第01回 ふるさと創成の会 6月例会.pdf
  • ふるさと創成の会 発会式.pdf

    ふるさと創成の会 発会式(写真)

お問い合わせ

一般社団法人 ふるさと創成の会
【事務局】
〒812-0016
福岡市博多区博多駅南4-2-10 南近代ビル6F
電話:090-3414-1024 FAX:092-483-3365
メールでのお問い合わせは【お問い合わせフォーム