プロジェクト活動状況

英彦山プロジェクト


目的


・英彦山の自然と歴史史跡を保存しながら、観光資源を活用して観光産業を振興し「むらおこし」につなげる活動を支援する。

これまでの取組


・平成28年5月と9月に英彦山地区住民(十数名)と本プロジェクトチームとの交流会をもち、坊舎・松養坊に宿泊、史跡探訪を行った。
・添田町主催の観光フォーラムあるいは観光セミナー等に参加。
・11月に小水力発電現地視察。場所は朝倉市白木地区。参加者は添田町小河副町長以下13名、ふるさと創成の会10名。白木発電村事務局及び九大島谷教授に講演をしていただく。
・平成29年3月、6月、英彦山門前町同好会例会参加。
・6月、添田町主催のデービッド・アドキンソン氏講演会「歴史・文化を活かしたまちづくり」に8名参加。
・本会の9月例会講演者に英彦山山伏末裔・九大准教授・知足美加子氏をお招きする。タイトルは「修験道文化と地域再生」。

これからの行動計画


・添田町及び英彦山活性化観光拠点づくり協議会(あるいは英彦山門前町同好会)と連携しながら、地元住民の視点を重視して英彦山の観光産業の活性化を支援する。