プロジェクト活動状況

ふるさと料理プロジェクト

目的


ふるさと(いなか)料理をとおして都市部、農漁村(地方)との絆づくり。
日常のふるさと(いなか)料理を再現して日本の食文化を再認識。

これからの行動計画


随時、ふるさと料理教室などを実施。
※イベントにつきましては「ふるさと創成の会 FACEBOOK」のイベントページにて随時ご案内しております。
 お申し込みも可能です。
「ふるさと創成の会 FACEBOOK」イベントページ

これまでの取り組み

  • 第6回ふるさと料理教室~星野村の味噌作りをおばしゃん達から教えてもらおう!

    星野村内での加工品コンクールで高い評価を受け「星野」の名を冠するようになった「星野味噌」。
    そんな、ふるさとの心が満載の味噌の作り方を、八女市星野村のおばしゃん達から教えていただきました。
    当日はとても寒く、星野村だけでなく福岡市内も雪が降り続きましたが、24名の方々にご参加いただきました。

    日時:1月26日(土) 時間:10:30~14:30(受付開始:10:00)
    持参品:エプロン、三角巾、ハンドタオル、味噌お持ち帰り用の袋
    参加費:2,000円(お味噌1パックお持ち帰り)
    場所:明治屋クッキングスタジオ(福岡市博多区諸岡3-1-35)

    まず、実習の前にふみちゃんこと「後藤富美子」さんに
    麹の事、お母さんの一番の調味料の事、
    伝統食が健康を維持していく力となる事
    ・・・たくさんお話していただきました。

    そして、ご飯と味噌汁という軽食でお腹を満たしてから味噌づくり・・・のはずでしたが、
    できあがったのは
    具沢山の豚汁・ご飯(麹入り!)・レンコンのきんぴら・
    野菜スティックの鉄火マヨ味噌・里芋の皮などのくず野菜を使ったかき揚げ
    レンコンチップ、甘酒少々、そうそう沢庵も。
    一気にメニューが増えて、もうお腹いっぱいです。

    それから4つのグループに分かれて味噌作り。
    本当は4日間かけて作られるところを、3日目までの工程はすでに星野村農産加工施設でおばしゃん達が準備してきてくれていました!
    教えていただく私達は、蒸し上がった大豆をつぶしてミンチ状態にするところから。
    大豆をよく潰し終えたら、米麹と塩と大豆の煮汁を混ぜてしっかりとコネます。
    コネながら
    「おいしくなれ、おいしくなれえ・・」
    とおまじない。
    おっ、結構チカラが要りますね。
    あれ? いつの間にかおまじないが、
    「おいしくなあれ、どっこいしょ!」
    という掛け声つきに。
    あちこちで歓声が上がり、どっこいしょの声がピッタリ揃うグループもあり、
    笑い声が絶えない・・・
    童心に戻って楽しい・・・
    こねこね・・・
    バンバン・・・
    きゃっきゃ・・・・

    出来あがったお味噌は8カ月、自宅でじっくり寝かせます。
    さてさて、ちゃんと食べられるようになるかな・・・
    今から8か月後が楽しみです!

  • 第5回ふるさと料理教室~体にやさしいお雑煮とおせち

    ふるさとの味といえば「雑煮!」
    という声に応えて、雑煮を作ってみようと言う事になりました。。
    テーマは体にやさしい、菜食雑煮と、菜食おせち。
    ふるさと料理プロジェクトの黒岩りえこ さんが、食養学のレシピからご紹介。

    日 時:2018年11月11日(日)10:30(10:00受付)~14:30
    持参する物:エプロン、三角巾、ハンドタオル
    参加費:1500円 (小学生1000円)
    場 所:明治屋クッキングスタジオ

    まずは、野菜を型抜きで花の形にしたりイチョウ切りにしたりしました。
    お子さんが「れんこん」を見た事がなくて何?と不思議そうに・・・
    その事に大人たちも新鮮な気付きありました。
    カットされていたり出来上がった物しか知らない時代。
    調理する前の「ハヤトウリ」を初めて見た参加者も・・・
    何気ない事を自然な形で伝えることいっぱいある。
    白味噌のお雑煮!?あまりなじみがないせいか、雑煮と言う気がしない。
    たまごを使用しない伊達巻き・・・オーブンで焼いてクルクル巻いて・・なるほどね。
    豆腐つくねは、手をベタベタにして小学生の女の子が作ってくれました。
    「コネコネするのがおもしろかった」との事。
    黒豆の塩煮は、歯ごたえのある豆の味。・・・デザートにヨーグルト生姜ジャムのせ

    薄味固めでよくカミカミすることでいつの間にかお腹いっぱいになりました。
    同じ九州でもお雑煮やお正月の習慣がいろいろあって参加者の皆さんとの会話が楽しく面白かった。

    【メニュー】「白味噌のお雑煮 」「車麩のがめ煮」
    「黒豆の塩煮 」「たまご不使用伊達巻」「豆腐つくね」
    「ヨーグルト生姜ジャムのせ」

  • 第4回ふるさと料理教室~朝倉の島らっきょう

    朝倉の島らっきょうは、昨年「九州北部豪雨」で被災した当地で、復興に向けた新しい特産品となるべく栽培され始めました。
    今ではタニタ食堂のメニューや、クラシルのレシピとして紹介されている話題の野菜。

    私たちふるさと料理プロジェクトでは、朝倉の石橋さんの「島らっきょう」を使った家庭料理をあれこれ作ってみたいと言う事になりました。

    日 時:2018年9月9日(日)10:30(10:00受付)~14:30
    持参する物:エプロン、三角巾、ハンドタオル
    参加費:1500円 (小学生1000円)
    場 所:明治屋クッキングスタジオ

    何ができるかな?材料を前にわくわく・・!
    「島らっきょうとミニトマトのパスタ」
    「島らっきょうとアンチョビのパスタ」
    パスタ隊長のケンイチさん指導の下
    イタリア~~な気分で美味しく楽しく・・・

    春巻き隊長の佐々木さん指導の下
    「春巻き」も 島らっきょうとクルクル・・・
    「スープ」にも 島らっきょうが・・・
    そして9月9日、重陽の節句にちなんで菊の花びらを!
    さすが・・・知恵袋!
    季節の行事も伝えて行きたいですよね。
    星野村のブルーベリーでデザートの「ゼリー」、
    佐々木さん、ごちそうさま~

    あれこれレシピ隊長、月足さん
    無茶ぶりにも 笑顔で対応・・・さすが
    リクエストした「ポテトサラダ」もめちゃくちゃ美味しかった。
    ほんのり島らっきょうの味がして(*^-^*)
    秋の味覚!「栗の渋皮煮」「栗ご飯のおにぎり」

    みやま市の徳永さんから「シャイマスカット」の差し入れ
    朝倉の江上さんから「島らっきょうのドレッシング」

    いつもながら メニューが増えて行ってお腹いっぱいです。
    島らっきょうプロジェクトから橋本さんが参加して下さり栄養価も丁寧に説明してもらいました。
    島らっきょうを始めて食べた方、朝倉の豪雨災害の現状を詳しくは知らなかった方、新たな発見もありました。
    つながって行くことが力になればと思いました。

  • ふるさと料理教室「矢部村の田舎菓子を八女茶で楽しむ会」

    初めての平日開催でしたが今回も初参加を含め
    大勢ご参加いただき、盛会でした!
    奥八女の物産館「杣のさと」内で「まんどき蕎麦」を運営し、食進会の方々と郷土料理の教室をしたりと活躍中の料理講師の高山あけみさん、奥八女茶「栗原製茶」の農学博士で日本茶インストラクターの栗原悠次さん、ちまきエキスパートの仁田原マツエさん、どうもありがとうございました。

    枋の葉を開いたり団子こねてる顔が、みんな笑顔!
    童心に返って子供みたいと笑い合う声も。
    たちまちのうちに賑やかな食卓が出来上がりました

    日 時:2018年6月19日(火)10:30~14:00
    持参する物:エプロン、三角巾、ハンドタオル
    参加費:1500円 (小学生1000円)
    場 所:明治屋クッキングスタジオ

    【メニュー】
    「炊き込みご飯」
    「野菜のフレンチマリネ」
    「ちまき」「じゃがいもまんじゅう」
    「まんどきそば」 

  • 第3回「ふるさと対馬の郷土料理」

    斎藤敬代さんを講師に迎え、対馬の郷土料理「いりやき」を教えて頂きました。
    「いのち愛しむ、人生キッチン」 92歳の現役料理家・タミ先生から斎藤さんが教えて頂いた「家庭料理がいかに大切か」というお話を伺いました。

    日 時:2018年4月8日(日)10:00~15:00
    持参する物:エプロン、三角巾、ハンドタオル
    参加費:1500円 (小学生1000円)
    場 所:明治屋クッキングスタジオ 博多区諸岡3-1-35

    ●お母さんの愛情を料理に込める
    ●住んでいる場所に近いところの食材を使う
    ●調味料は良いものを使う
    とタミ先生から伝えて頂いたお話のあれこれ・・・

    【メニュー】
    対馬の郷土料理「いりやき」
    B級グルメグランプリにも輝いた「トンチャン」
    今が旬の「タコときゅうりとワカメの酢の物」
    「大根と手羽の煮つけ」「佃煮」
    星野村の米麹を使用した「甘酒」
    白ご飯、お漬物
    前回教えて頂いた「里芋の素揚げ」

  • 第2回「星野村のだご汁と干し野菜でワークショップ」

    日 時:2018年2月11日(日)10:00~15:00
    持参する物:エプロン、三角巾、ハンドタオル
    参加費:1500円 (小学生1000円)
    場 所:明治屋クッキングスタジオ

    星野村「ふみちゃんの味噌汁屋さん」の後藤富美子さんを初め星野村のおばしゃん達にだご汁づくりを教えて頂く。
    全ての食材を使い切る姿勢に脱帽でした。
    「うちではこうなのよ~」といろんな話をしながら予定以上の沢山のメニューが並びました。

    【メニュー】
    「だご汁」「味噌汁」
    「干し野菜の炊き込みご飯」「白ご飯」「茶めし」
    「干し茄子と豚味噌」「鉄火味噌」
    「豚肉の厚揚げ巻」「白和え」
    「里芋の皮チップ」

  • 第1回☆大地とお日様と田舎ご飯「伝統料理をいただき隊」準備会☆

    日時 2017年11月23日(木・祝)11:00~14:00(受付10:30~)
    場所 明治屋クッキングスタジオ

    博多のふるさと料理「がめ煮(白ごはん、味噌汁つき)」を作り、食卓を共にしながら来年からの活動を話し合いました。
    追加でいろいろメニューも増えて盛りだくさんになりました。

    【今後の活動として】
    ●明治屋クッキングスタジオを使用して第2日曜に開催する。
    ●会員以外の参加も認める(ご夫婦、親子、お孫さん、ご家族、友人、知人)
    ●来年2月から毎月または隔月、とにかくスタートしてみる。

    【今回のメニュー】
    「がめ煮」
    「星野村の五穀米」「むかご入りご飯」
    「星野村のお味噌で具沢山お味噌汁」
    「星野村のほし野菜とパパイヤの炒め物」
    「和牛と赤牛のローストビーフ」「昆布の煮物」

  • 2017/09/25 ふるさと創成の会 例会にて 準備会メンバー募集
  • 2017/09/06 ふるさと料理プロジェクト準備会立ち上げ 役員会にて承認